10

24

Solebon Solitaire の遊び方

2011.10.24(22:48)

Solebon Solitaire
http://itunes.apple.com/jp/app/solebon-solitaire/id283179414?mt=8

Solebon Solitaire は iPhone用のトランプの一人遊びアプリです。クロンダイク(ソリティア)、フリーセル、スパイダーなど、40種類以上のゲームが楽しめます。画面デザインが美しく、カードの操作もスムーズで、質の高さを感じます。いつでも中断でき、中断したところから再開できます。最初からやり直すこともできます。ゲームに時間制限はありません。低価格($2=170円)なのもうれしいです。

使い方が英文なので使い方を解説してみます。Solebonを作成したSmallware社から画像使用と解説の許可をいただきました。

私が好きなゲームに○をつけました。同じ行に2つ以上あるものは左が難しいです。


* Smallware original game



Accordionの遊び方
Accordion.png
解説
  • ルール簡単だけど、最後の詰めが難しい。

場所の説明
  • カードは左上から右上へさらにその下へと全体でつながっている。

遊び方
  • 全てのカードを1つの山に積み上げることができればあがり。
  • 同じ種類か同じ数で、となりあうカードまたは2つ空けて3つめのカード同士をまとめて1つの山にすることができる。
  • 表になっているカードの裏側にあるカードは山になったまま一緒に移動する。(裏側のカードは忘れていい)
  • 空いた部分は自動的に前へ詰められる。



Aces Upの遊び方
AcesUp.png
解説
  • A以外の全てのカードをホームスペースへ移動する
  • 空いた列の使い方が鍵

場所の説明
  • 左上がホームスペース
  • まん中上が場のカード
  • 右上がカードの山

遊び方
  • A以外の全てのカードをホームスペースへ移動することができたらあがり
  • 場にある4つの列の一番下のカードの中で、他に同じ種類のカードがありかつ一番小さい数字のカードはタップして取りのぞくことができる。KはAより小さい。
  • 空いた列には、列の一番下のカードを移動できる。
  • カードの山から、カードを引くと場の各列それぞれ一番下に並べられる。



Agnes Sorel の遊び方
AgnesSorel.png
解説
  • 全てのカードをホームスペースに積み上げるゲーム。

場所の説明
  • 左上がホームスペース
  • 右上がカードの山
  • 下が場のカード

遊び方
  • 全てのカードをホームスペースに積み上げればあがり。
  • 4つのホームスペースには同じ種類で数が小さいほうから大きいほうに向かって積む。
  • 1つのホームスペースは積んだ枚数が13枚になると完成。Kの次はAを積む。
  • ホームスペースには最初から1枚配られているのでその数字からスタートする。
  • 7つの場のカードは同じ色で数が大きいほうから小さいほうに向かって重ねることができる。
  • 場にある、同じ色の並びはいっしょに動かさなければならない。一部分だけを分けて移動することはできない。
  • 列の最後のカードだけはホームスペースに移動できる。そのときはタップして選択する。
  • 空いた列へはどのカードでも移動できる。
  • カードの山をタップすれば、各列へ1枚ずつ配られる。



Ambrose* の遊び方
Ambrose.png
解説
  • フェアウェイにある全てのカードを2つのゴルフホールに移動できたらあがり。

場所の説明
  • 上の8列はフェアウェイにあるカード
  • 左下と右下はマリガンカード(試し打ちのカード)
  • 中央下の2枚はゴルフホール。

遊び方
  • 2つのゴルフホールには、種類や色にかかわらず、大きい順でも小さい順でも移動できる。
  • 2つのどちらのホールにも移動できるカードは左側のホールに移動される。
  • 8列の一番下のカードはゴルフホールに移動できる。
  • 2箇所の2枚のマリガンカードはいつでもゴルフホールに移動できる。



Askew* の遊び方
Askew.png
解説
  • すべてのカードをホームスペースへ移動できたらあがり。ルールが複雑すぎ。

場所の説明
  • 左上の4つがホームスペース
  • 右上がカードの山で、そのとなりが山からひいたカード
  • 下が場のカード

遊び方
  • 4つのホームスペースには、同じ種類でAからKに向かって積む
  • 8つの列は2つのグループに分かれている。
  • 左の4列は、色が交互で、数が小さくなる順に。
  • 右の4列は、同じ種類で、数が小さくなる順に。
  • 列の一番下のカードだけ移動できる。
  • 左の4列のグループの順に並んだカードは、左のグループ内でのみ移動できる。
  • 右の4列のグループの順に並んだカードは、移動できない。
  • どのカードでも空いたスペースに移動できる。
  • カードの山から1枚ずつひける
  • ひいたカードの最後の1枚だけが移動できる。



Baker's Game (ベイカーズゲーム)/ Baker's Game Easy (ベイカーズゲーム イージー)の遊び方
BakersGameEasy.pngBakersGame.png
解説
  • Free Cellとほとんど同じルール。場の列にカードを並べる時に、色を交互に大きい順に並べるのではなく、同じ種類のカードを大きい順に並べるところだけが違う。Free Cellより難しい。フリーセルが簡単にできちゃう方はこれがおすすめ

場所の説明
  • 左上のAがホームスペース
  • 右上のRがリザーブスペース
  • 下の8列のカードが場のカード

遊び方
  • 全てのカードをホームスペースに積み上げればあがり。
  • 左上のホームスペースへ、同じ種類ごとにAからKの順番に重ねる。
  • 場にある8つの列には同じ種類のカードを降順に並べることができる。
  • 場に空いている列があればどのカードでもそこへ移動できる。
  • 各列の一番下のカードは移動することができる。
  • 連続したカードは、ばらばらにしてそのときに空いている場所を使って別の列へ移動することができるなら、まとめて移動することができる。移動できる条件が揃っていなければ連続したカードをまとめて選択できない。(ベイカーズゲーム)
  • 連続したカードをまとめて移動できる。(ベイカーズゲーム イージー)
  • 右上のリザーブスペースにはそれぞれ1枚ずつのカードが置ける。どのカードでも空きのリザーブスペースに置くことができる。



Beleaguered Castle の遊び方
BeleagueredCastle.png
解説
  • 2枚以上を同時に動かせないフリーセル

場所の説明
  • 左上のAがホームスペース
  • 下の8列が場のカード

遊び方
  • 全てのカードをホームスペースに積み上げればあがり。
  • 4つのホームスペースは、同じ種類でAからKに向かって積む。
  • 8列の場のカードの各列には、色や種類に関係なく、大きな数から小さい数に向かって並べられる。
  • 一番下のカード1枚だけが移動できる。(2枚以上を同時に移動できない)
  • 空いた列にはどのカードでも移動できる。



Blind Alleys の遊び方
BlindAlleys.png
解説
  • 全てのカードをホームスペースに積み上げるゲーム、最後まで行きました。

場所の説明
  • 左上がホームスペース
  • 右上がカードの山
  • カードの山の左がめくったカード
  • 下が場のカード

遊び方
  • 全てのカードをホームスペースに積み上げればあがり。
  • 4つのホームスペースにはAからKに向かって積む。
  • ホームスペースに積んだカードのトップの1枚は場に戻すことができる。
  • 6つの場の列には、数が大きいほうから小さい順に色を交互に並べることができる。
  • 場にあって、表になっているカードは何枚でも列を移動できる。
  • 場にあって、一番下のカードだけがホームスペースに移動できる。
  • 空いた列にはどのカードでも移動できる。
  • カードの山からは1枚ずつめくることできる。
  • カードの山からめくるのは1回だけしかやり直せない。
  • めくったカードの山の一番上のカードは移動できる。
  • カードの山を全部めくったらまた山に戻される。



Bouquet の遊び方
Bouquet.png
解説
  • 2枚以上を同時に動かせないフリーセル

場所の説明
  • 上のAがホームスペース
  • 中央の6列が場のカード
  • 右の16枚がリザーブカード

遊び方
  • 全てのカードをホームスペースに積み上げればあがり。
  • 4つのホームスペースにはAからKの順に積む。
  • 6つの場のカードには、種類や色に関係なく、大きな数から小さい数に向かって並べられる。
  • 列の一番下のカードだけが移動できる。(2枚以上同時に移動できない)
  • 空いた列にはどのカードでも移動できる。
  • リザーブカードの16枚はどれでもいつでも使える。



Colorado の遊び方
Colorado.png
解説
  • 全てのカードをホームスペースに積み上げればあがり。ちょっとルールが難しすぎるかな。

場所の説明
  • 左端と右端がホームスペース
  • 真ん中が場のカード
  • 下がカードの山

遊び方
  • 全てのカードをホームスペースに積み上げればあがり。
  • 8つのホームスペースは2つのグループに分かれている。
  • 左の4つのホームスペースは、AからKに向かって並べる。
  • 右の4つのホームスペースは、KからAに向かって並べる。
  • 場には20枚のカード
  • 場の20枚のカードはホームスペースに移動できる。
  • 場に空きができたら、カードの山から自動的に配られる。
  • 山の一番上のカードは移動できる。



Creepy Crawly* の遊び方
CreepyCrawly.png
解説
  • 同じ種類でKからAに並べた列を4つ作ればあがり。

場所の説明
  • 左上がホームスペース
  • 右上がカードの山(あと4枚)
  • 下が場のカード

遊び方
  • 場の8つの列は同じ種類で数が小さくなる順で並べる。
  • 表を向いているカードは1枚でも複数枚でも移動できる。つまり列の途中でも切り離して移動できる。
  • 空いている列にはKだけが移動できる
  • カードの山をタップすると左から4列に1枚ずつ配られる
  • 同じ種類でKからAまで並べられたら自動的にホームスペースに移動される



Demonの遊び方
Demon.png
解説
  • 色を交互に並べ、KのあとにはAが並べられる。

場所の説明
  • 左上がホームスペース
  • 右上がカードの山
  • カードの山のとなりが、めくったカード
  • カードの山の下が、リザーブカード

遊び方
  • 全てのカードをホームスペースに積み上げればあがり。
  • ホームスペースは数字が大きくなる順番に積む。KのあとにAを積める。
  • ホームスペースはそれぞれ13枚積むと完成。
  • 場の4つのカードには色を交互に大きい数から小さい数に向かって積む。AのあとにKを積める。
  • 場の各列の一番下のカードだけが、ホームスペースに移動できる。
  • 場のカードがなくなると、リザーブカードから自動的に配られる。リザーブカードがなくなると捨てられたカードから自動的に配られる。
  • ゲーム開始時に、13枚がリザーブカードに並べられる。
  • リザーブカードの一番上のカードは移動できる。
  • カードの山からは3枚ずつ表にされる。
  • 無限にやり直せる。
  • めくったカードは一番上から順番に移動できる。



Doublets (ダブレッツ) の遊び方
Doublets.png
解説
  • 同じ数で2枚ずつペアを作るゲーム。ルールはとても簡単。ゲーム時間もかからない。最後までペアが作れるように詰めは慎重に。

場所の説明
  • 上がカードの山
  • 真ん中が場のカード
  • 下がホームスペース

遊び方
  • 全てのカードをホームスペースへ移動できたらあがり。
  • 同じ数で2枚ずつペアを作れたらホームスペースへ移動できる。
  • 1つめをタップして、2つめをタップする。
  • 場の12の山は、それぞれ4枚ずつ積まれている。
  • 一番上のカードだけタップできる。
  • 場で空いたところには、山から自動的に配られる。



Eight Off (エイトオフ)/ Eight Off Easy (エイトオフ イージー)の遊び方
EightOffEasy.pngEightOff.png
解説
  • Baker’s Gameに似ている。リザーブスペースが8個あるが難しい。

場所の説明
  • 1行目がホームスペース
  • 2行目がリザーブスペース
  • 下半分が場のカード

遊び方
  • 全てのカードをホームスペースに積み上げればあがり。
  • 上部のAで示される4つのホームスペースへ、同じ種類ごとにAからKの順番に重ねる。
  • 場にある8つの列には同じ種類のカードを降順に並べることができる。
  • 列が空いていればKだけをそこに置くことができる。
  • 各列の一番下のカードは移動することができる。
  • 連続したカードは、ばらばらにしてそのときに空いている場所を使って別の列へ移動することができるなら、まとめて移動することができる。移動できる条件が揃っていなければ連続したカードをまとめて選択できない。(エイトオフ)
  • 連続したカードをまとめて移動できる。(エイトオフ イージー)
  • 上から2行目Rで示される8つのリザーブスペースにはそれぞれ1枚ずつのカードが置ける。どのカードでも空きのリザーブスペースに置くことができる。



Fanny (ファニー)/ Fanny Easy (ファニー イージー)の遊び方
FannyEasy.pngFanny.png
解説
  • AからKまで積み上げる。

場所の説明
  • 上の8つがホームスペース
  • 5つの場
  • 場の右が、カードの山
  • 右下が、リザーブカードの山

遊び方
  • 全てのカードをホームスペースに積み上げればあがり。
  • 8つのホームスペースは同じ種類でAからKに向かって積み上げる。(ファニー)
  • 8つのホームスペースはAからKに向かって積み上げる。(ファニー イージー)
  • 5つの場には、数字や種類や色にかかわりなく、どんなカードの上にも積み上げられる。
  • カードの山からひいたカードだけが場における。
  • 列の間でカードを移動することはできない。
  • 列の一番下のカードはホームスペースに移動できる。
  • カードの山の一番上のカードは移動できる。
  • 12枚のカードがリザーブカードの山にある。
  • リザーブカードの一番上のカードはホームスペースにのみ移動できる。



Fortune's Favor の遊び方
FortunesFavor.png
解説
  • 全てのカードをホームスペースに積み上げればあがり。場に全部配らないほうがいいのかも。最後まで行きました。

場所の説明
  • 上がホームスペース
  • 真ん中が場のカード
  • 右下がカードの山
  • カードの山のとなりがめくったカード

遊び方
  • 全てのカードをホームスペースに積み上げればあがり。
  • 12個の場のカードは、同じ種類で数が小さくなる順に積む。
  • 場で空いたところにはめくったカードの一番上から配られる。
  • カードの山からは1枚ずつめくる。
  • めくったカードの一番上のカードは移動できる。



Four Seasons の遊び方
FourSeasons.png
解説
  • 全てのカードをホームスペースに積み上げればあがり。ちょっと難しい。

場所の説明
  • 4隅がホームスペース
  • 中央の5枚が場のカード
  • 右下がカードの山
  • そのとなりがカードの山からめくったカード

遊び方
  • 全てのカードをホームスペースに積み上げればあがり。
  • 4隅のホームスペースに種類別に数が大きくなる順番に積む。Kの次にはAを積む。
  • それぞれのホームスペースは13枚積んだら完成。
  • 最初の1枚は自動的に引かれてホームスペースの1箇所に置かれる。
  • 中央の場の5枚は、種類や色にかかわりなく数が小さくなる順に積まれる。Aの上にはKが置ける。
  • 一番上のカードは移動できる。
  • 場に空きができたら、どのカードでもそこへ移動できる。
  • カードの山から1枚ずつめくられる。
  • めくったカードの1番上のカードは移動できる。



Fourteen Out の遊び方
FourteenOut.png
解説
  • 足して14になるペアを見つけて取り除く。ルール簡単。

場所の説明
  • 上下に6列ずつ、12列のカードが並んでいる。

遊び方
  • 足して14になるペアを取り除く。AとK、2とQ、3とJ、4と10、5と9、6と8、7と7
  • 1つめのカードをタップし、2つめのカードをタップすると取り除ける。
  • 12列それぞれの最後の(一番下の)カードだけをタップできる。



FreeCell (フリーセル)/ FreeCell Easy (フリーセル イージー)の遊び方
FreeCellEasy.pngFreeCell.png
解説
  • Windowsでも有名なフリーセル

場所の説明
  • 左上のAがホームスペース
  • 右上のRがリザーブスペース
  • 下の8列のカードが場のカード

遊び方
  • 全てのカードをホームスペースに積み上げればあがり。
  • 左上のホームスペースへ、同じ種類ごとにAからKへ数が大きくなる順番に重ねる。
  • 場にある8つの列には色を交互に数が大きいほうから小さくなる順番に並べることができる。
  • 場に空いている列があればどのカードでもそこへ移動できる。
  • 各列の一番下のカードは移動することができる。
  • そのときに空いているリザーブスペースや空いている列を使って移動することができる場合であれば、連続したカードはまとめて移動することができる。移動できる条件が揃っていなければ連続したカードをまとめて選択することはできない。(フリーセル)
  • 連続したカードはまとめて移動することができる。(フリーセル イージー)
  • 右上の4つのリザーブスペースにはそれぞれ1枚ずつカードが置ける。どのカードでも空きのリザーブスペースに置くことができる。



Golf の遊び方
Golf.png
解説
  • 全てのカードをフェアウェイからゴルフホールに入れたらあがり。簡単そうで難しい。

場所の説明
  • 上がフェアウェイ
  • 下がゴルフホール
  • 右下がカードの山

遊び方
  • ゴルフホールは数が大きい方向でも小さい方向でも、どんな種類でも色でも、並べることができる。Kの次はAかQ、Aの次は2かKが並べられる。
  • フェアウェイの一番下の7枚のカードはゴルフホールへ移動できる。
  • カードの山から1枚ずつゴルフホールへめくられる。



Honeybees* の遊び方
Honeybees.png
解説
  • すべてのハチをハチの巣へ移せたらあがり。

場所の説明
  • 上の6つがハチの巣
  • 中の4つが花
  • 下がハチ

遊び方
  • ハチの巣には、種類が違っているハチを、数が小さい方から大きくなるほうに積む。KにはAが積める
  • 4つの花は一度に1つのハチだけが止まれる。
  • どのハチも空いている花に移れる。
  • 6つの列の一番下のハチは花やハチの巣に移動できる。



Klondike Deal 3 (クロンダイク ディール3) / Klondike Deal 1 (クロンダイク ディール1)の遊び方
KlondikeDeal1.pngKlondikeDeal3.png
解説
  • Windowsではソリティアとしてお馴染み(Klondike Deal 3)

場所の説明
  • 左上のAがホームスペース
  • Xがカードを表にする場所
  • 右上にカードの山
  • 下に場のカード

遊び方
  • 全てのカードをホームスペースに積み上げればあがり。
  • 左上のホームスペースへ、同じ種類ごとにAからKの順番に積む。
  • 場の7つの列は色が交互で数が大きいほうから小さい順に重ねることができる。
  • 場にあって、表を向いているカードは1枚でも何枚かまとめてでも移動することができる。
  • 場にあって、列の一番下のカードだけが、ホームスペースに移動できる。
  • 場の空いている列には、Kだけが置ける。
  • カードの山からは、一度に3枚ずつ表にすることができる。(ディール3)
  • その表にしたカードの一番上の1枚から順に移動できる。(ディール3)
  • カードの山からは、一度に1枚ずつ表にすることができる。(ディール1)
  • その表にしたカードだけが移動できる。(ディール1)
  • リトライは無限にできる。
  • カードの山にカードがなくなれば、再度山に戻して続行する。



La Belle Lucie の遊び方
LaBelleLucie.png
解説
  • シャッフルボタンがあるゲーム。

場所の説明
  • 上がホームスペース
  • 右上はシャッフルボタン
  • 下に場のカード

遊び方
  • 4つのホームスペースには同じ種類で数がAからKに向かって数が大きくなる順に積む
  • 場の18個の列は同じ種類で数が小さくなる順に並べる
  • 列の一番下のカードだけが移動できる。
  • 空の列にはカードは移動できない。
  • 行き詰まったら右上のシャッフルボタンを押して、列のカード全体をシャッフルできる。
  • シャッフルは2回まで。



Lady of the Manor の遊び方
LadyOfTheManor.png
解説
  • 全てのカードをホームスペースに移動できたらあがり。

場所の説明
  • 中央の8枚がホームスペース
  • 上で半円になっているのがマナーカード
  • 下がカードの山

遊び方
  • ダイヤモンドだけを使用する
  • 8つのホームスペースにはAからKに向かって積む
  • 一番下の4つの山の一番上のカードが移動できる。
  • マナーカードは2からKまでありそれぞれ同じ数が重なっていて枚数はいろいろ。
  • Aはすでにホームスペースにある。
  • 4つのカードの山には12枚のカードが積まれている。



Monte Carlo の遊び方
MonteCarlo.png
解説
  • すべてをホームスペースに移動できたらあがり。

場所の説明
  • 左がホームスペース
  • 中が場のカード
  • 右がカードの山

遊び方
  • 同じ数で水平か垂直か斜めのペアでホームスペースに移動できる。
  • 最初のカードをタップし、2番目のカードをタップする
  • どのカードもタップできる。
  • タップすると、場のカードは順に詰めて並べ替えられ、空いたところにはカードの山から配られる。
  • ストックが空のときは、空のスペースをタップすると、順に詰めて並べ替えられる。



Penguin の遊び方
Penguin.png
解説
  • すべてのカードをホームスペースに移動できたらあがり。

場所の説明
  • 上の4枚がホームスペース
  • 中の8つがリザーブスペース
  • 下の7列が場のカード

遊び方
  • 4つのホームスペースにはAからKに向かって数が大きくなる順で積む。
  • 3枚のAは最初からホームスペースにあって、4番目のAは一番左の列の一番上に置かれている。
  • 7つの列は数が大きいほうから小さい順に並べる。
  • 一番下のカードだけが移動できる。
  • 同じ種類で小さい順に並んでいるカードはまとめて列の中で移動できる。
  • 空いた列にはKだけが移動できる。
  • 7つにリザーブスペースはそれぞれ1枚ずつ置ける。7つの列の一番下のカードならどれでもリザーブスペースに置ける。



Provisional* の遊び方
Provisional.png
解説
  • 全てのゴルフボールをフェアウェイからゴルフホールに移動できたらあがり。

場所の説明
  • 上がゴルフボール
  • 左下がリザーブスペース
  • 中下がゴルフホール
  • 右下がカードの山

遊び方
  • ゴルフホールには、種類や色にかかわらず、数が大きくなる順でも小さくなる順でも積める。
  • 7列の一番下のゴルフボールはゴルフホールに移動できる。
  • リザーブスペースにはゴルフボールが1つだけ置ける。
  • フェアウェイのボールはゴルフホールに入れられない場合に限り、リザーブスペースにおける。
  • カードの山をタップすると、1枚ずつゴルフホールに移動される。



Pyramid / Pyramid Easy の遊び方
PyramidEasy.pngPyramid.png
解説
  • 足し算して13になるペアを取り除く。

場所の説明
  • 上がピラミッド
  • 左下がホームスペース
  • 右下がカードの山
  • カードの山の左がめくったカード置き場

遊び方
  • 全てのカードを取り除いてホームスペースへ移動できたらあがり。
  • Kは単独で、それ以外は2つの合計で13になるペアで取り除ける。つまり、AとQ、2とJ、3と10、4と9、5と8、6と7
  • 1つめのカードをタップし、2つめのカードをタップして取り除く。
  • 他のカードが重なっているカードは取り除けない。
  • カードの山から1枚ずつめくってカード捨て場におかれる。
  • 無限にやりなおせる。
  • カード捨て場にあるカードうち最後の2枚のカードは移動できる。
  • カード捨て場のカードは1枚ずつずれてゆく。



Russian Revolver* の遊び方
RussianRevelver.png
解説
  • シャッフルボタンがあるゲーム

場所の説明
  • 左上のAがホームスペース
  • 右上のCがシャッフルボタン
  • 下が場のカード

遊び方
  • 全てのカードをホームスペースに移動することができたらあがり。
  • 4つのホームスペースにはAからKに向かって重ねる
  • 場の6つの列は同じ種類で数の大きいほうから小さい順に並べる
  • 場で表になっているカードは1枚でも複数枚でも移動できる
  • 場で一番下のカードだけがホームスペースに移動できる。
  • 場の空いている列にはKだけが置ける。
  • カードを移動できなくなったら、シャッフルボタンを押して場のカードをシャッフルすることができる。
  • シャッフルボタンは6回まで押せる。



Scorpion* の遊び方
Scorpion.png
解説
  • 同じ種類でKからAに並べた列を4つ作ればあがり。

場所の説明
  • 左上がホームスペース
  • 右上がカードの山(あと3枚)
  • 下が場のカード

遊び方
  • 7列の場のカードは、同じ種類で数が小さくなる順で並べる
  • 表を向いているカードは1枚でも複数枚でも移動できる。つまり列の途中でも切り離して移動できる。
  • 数が小さくなる順で並んでいるカードは、場の中で移動できる。
  • 空いた列にはKだけが移動できる。
  • カードの山をタップすれば、左から3列に1枚ずつカードが配られる。
  • 同じ種類でKからAまで並べられたら、ホームスペースに自動的に移動される。



Spiderette の遊び方
Spiderette.png
解説
  • 同じ種類でKからAまで並んだ列を作れたらあがり

場所の説明
  • 左上がカード捨て場(当分使わない)
  • 右上がカードの山
  • まんなか7列が場のカード

遊び方
  • 4つの、同じ種類でKからAまで並んだ列を作れたらあがり。
  • 7つの場の列には、種類や色に関わりなく大きい数字から小さい数字の順に並べることができる。
  • 順番に並んでいるカードはまとめて移動できる。
  • 一番下のカードが移動できる。
  • 空いた列にはどのカードでも移動できる。
  • カードの山をタップすると、1枚ずつ列に配られる。
  • カードの山をタップする前に、空いた列にカードを移動しておかなければならない。
  • KからAまで並べられたら自動的にカード捨て場に移動される。
  • あがるためには、同じ種類でKからAまで並べなければならない。



Spiderling 4 Suits / Spiderling 2 Suits / Spiderling の遊び方
Spiderling.pngSpiderling2Suites.pngSpiderling4Suites.png
解説
  • スパイダーとして有名。スパイダー4が一番難しい。

場所の説明
  • 左上はカード捨て場(自分では使えない)
  • 右上がカードの山
  • 下が場のカード
  • カードはスペードだけを使う(スパイダー)
  • カードはスペードとハートだけ使う。(スパイダー2)
  • カードは4種類使う。(スパイダー4)

遊び方
  • 同じ種類のKからAの列を4つ作ればあがり。
  • 場にある8列には、カードを大きいほうから小さいほうに向かって種類にかかわらず並べられる。
  • 並べたカードはまとめて動かすことができる
  • カードの山をタップすると、場の各列に1枚ずつカードが並べられる。
  • カードの山から引いて表になったカードは動かすことができる。
  • 場に空きができたら、どのカードでもそこへ動かすことができる。
  • 同じ種類で KからAまで並べることができたら、それは左上のカード捨て場に自動的に移動される。



Triple Mulligan* の遊び方
TripleMulligan.png
解説
  • すべてのゴルフボールをゴルフホールに移動できたらあがり。

場所の説明
  • 上の12列がゴルフボール
  • 左下がゴルフホール
  • 右下の3つがマリガンボール(試し打ちボール)

遊び方
  • 一番下のゴルフホールは、種類や色にかかわらず、数が連続して大きくなる順でも小さくなる順でも重ねられる。
  • 場の12列の一番下のゴルフボールはゴルフホールに移動できる。
  • 3つのマリガンボールは、そのときのゴルフホールにあるカードの数や種類に関係なく、いつでもゴルフホールへ移動できる。



Yukon の遊び方
Yukon.png
解説
  • 最初からかなりの枚数がオープンになっているフリーセル。自由度がかなりあって悩む。

場所の説明
  • 4つのAがホームスペース
  • 下が場のカード

遊び方
  • 全てのカードをホームスペースに移動すればあがり。
  • 4つのホームスペースには同じ種類でAからKの順番に並べる。
  • 場の7つの列は、色を交互に、大きいほうから小さくなる順番に並べる。
  • 表向きになっているカードは、一番下の1枚、または、途中のカードから下をまとめて、移動できる。
  • 一番下のカードだけがホームスペースに移動できる。
  • 空になった列にはKだけが置ける。



プロフィール

島敏博

Shima Toshihiro 島敏博
信州アルプスハイランド在住。HaskellとElixirが好き。組み込みソフトウェアアーキテクト、C++プログラマ、山歩き、美術館巡り、和食食べ歩き、日本赤十字社救急法指導員、インデックス投資、クラシック音楽、SESSAME会員、状態マシン設計、モデル駆動開発、ソフトウェアプロダクトライン、Rubyist、実践ビジネス英語

■ ツイッター
http://twitter.com/saltheads
■ Facebook
http://www.facebook.com/saltheads
■ Qiita
http://qiita.com/saltheads

印刷する場合は、ブラウザの印刷メニューではなく、このページの上から3cmくらいの青いところにある、「印刷」を押してみてください。少しうまく印刷できます。まだ完全ではないのですが、これで勘弁してください。


カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
sessame
RSSリンクの表示