10

31

オンラインプログラミングサイト Ideone の 使い方

2012.10.31(20:32)

Ideoneは、ブラウザでプログラムを入力すると実行した結果を返してくれるサイト。

http://ideone.com/

C/C++/Java/Haskell/Rubyなど私が好きなプログラミング言語をサポートしている。サポートしている言語の数が多く、言語のインタプリタ・コンパイラのバージョンが比較的新しい。
C/C++はgcc-4.3.4、Rubyはruby-1.9.2, Haskellはghc-6.8.2。(2012/10/31現在)

詳しくは、
http://ideone.com/faq
の一番下参照。

無料でアカウントを作ることができ、アカウントを作ると、ラベル分類して無期限保存でき、月1000投稿まで無料。

使い方は、左下で言語の種類を選び、右上にプログラムをいれて、右下の ideon it! ボタンを押すだけ。

以下はHaskellのソースコードと実行例。ソースコードの色づけも自動。
ideone1.png

Webサイト上で実行しているので、常識的に考えて無理なことはできないけれど、プログラミングを教えるときにちょっとしたコードを確かめることができてとても便利。いれたコードを共有することもできる。

標準出力のほか、標準入力もサポートしているので、ideon it! ボタンを押す前に、標準入力として与えたいデータをいれておけばよい。

無限ループに陥るコードを実行させると、途中で止めることはできないけれど、ideone it! ボタンの左でタイムアウト時間を5秒にするか15秒にするか選べる。しばらく待てば、result: Time limit exceeded などと言って制御を戻してくれる。

使える言語のインタプリタ・コンパイラのバージョンは、右上の Help - FAQ から確認できる。

他人がいまどういうコードを実行したかを、右上の recent code で見ることができる。最新の十数個の code が見られる。

ideone it!するときに、ボタンの左にある、privateをチェックしておくと、上記のrecent code には載らなくなる。

右上のloginで、ユーザー名とパスワードを登録すれば、できることが増える。自分が実行したものを再度editしたりdeleteしたりできる。実行したものは全てあとから見ることができる。また1つ1つのプログラムを、private(非公開)にしたり、public(公開)にしたり切り替えることができる。

私はC/C++,Ruby,Haskellで利用している。日本語でファイルリストにコメント付けられる。
ideone2.png

privateにして作ったとしても、URLを知っている人は誰でも見ることができるので、大事なコードを共有するのには使えないことに注意。

プログラムを入力したあと、templateボタンで登録しておくと、そのコードはいつでも、templateボタンで呼び出して、プログラム領域にセットしてくれる。mainに相当する決まり文句をセットしておくとラク。templateは新しいtemplateをセットすることで上書きできる。

source code 右下のsyntax highlight をチェックすると、行番号表示になり、フォントサイズを調整でき、Find - Replace もできるようになる。チェックする前に右下のつまみで入力部を広げておくといい。

iPadで、RubyやHaskellのプログラムの動作を確認でき、ツイッターでは書ききれない簡単なプログラム共有に使える。おすすめ。

おまけ。
プログラミング言語をTextにしておくと、実行しないでそのままテキスト保存になる。

私がちょっといれて見たコードです。

C言語
http://ideone.com/1aAKE

C++言語
http://ideone.com/xNRI1

Haskell
http://ideone.com/DTlEF

Ruby
http://ideone.com/CRZW9

Text
http://ideone.com/e9OJY

テーマ : インターネットサービス
ジャンル : コンピュータ

プロフィール

島敏博

Shima Toshihiro 島敏博
信州アルプスハイランド在住。HaskellとElixirが好き。組み込みソフトウェアアーキテクト、C++プログラマ、山歩き、美術館巡り、和食食べ歩き、日本赤十字社救急法指導員、インデックス投資、クラシック音楽、SESSAME会員、状態マシン設計、モデル駆動開発、ソフトウェアプロダクトライン、Rubyist、実践ビジネス英語

■ ツイッター
http://twitter.com/saltheads
■ Facebook
http://www.facebook.com/saltheads
■ Qiita
http://qiita.com/saltheads

印刷する場合は、ブラウザの印刷メニューではなく、このページの上から3cmくらいの青いところにある、「印刷」を押してみてください。少しうまく印刷できます。まだ完全ではないのですが、これで勘弁してください。


カテゴリ
最新記事
月別アーカイブ
最新コメント
検索フォーム
リンク
sessame
RSSリンクの表示